低価格の建売りで、家計にゆとりができました。

家を買うときは、なるべく主人の会社に近い場所でありながら、土地・建築費用含めて 家計の負担にならないコストであることを重要視しました。
主人の会社の近くなら、家族に何かあった時すぐ対応できるし、何より通勤に時間をかけるのは もったいないという考えがありました。
無理して立派な家を購入するより、少し安価で小さくても 十分暮らしていけると考えています。

積極的に 住宅展示会に参加したり、不動産屋さんで 話を聞いたりしました。
主人の同僚の方は、地元の方が多かったので、住み心地など アドバイスをいただきました。
近所の方の雰囲気、夜の騒音具合、交通量などを 確認したかったので、購入を考えている土地に 何度も足を運びました。

写真や不動産屋さんの話だけでは わからないことが多いので、地元の方への聞き込みや、自分の目で確かめることも すごく大事だと考えます。

見栄を張って、無理をして、高い家を購入しなくても、そこそこの家でも十分幸せに暮らすことはできると思います。

PR|あきる野市で建てる平屋の注文住宅