注文住宅でもドアノブ一つで後悔の念は深い

注文住宅で一戸建て住宅を建てました。小さい頃から漠然と、「マイホームを建てるのならば、よっぽどの事情がない限り注文住宅で建てたい」と思っていましたので、願いが叶ってとても幸福だと思っています。

そして、注文住宅でマイホームを建てていますので、とくに大きな不満はありません。予算の関係上、住宅設備のランクを落としたりはしていますけれど、スペックは落ちても住宅設備のデザインは自分の好みのラインより大幅にずれていることはありませんからね。

ですからマイホームに満足はしているのですけれど、しかしそれでも不満はあるのです。その中でも「部品として小さいけれど、しかしなかなか大きなひっかかり」となっているのが、実は「ドアノブ」なんですよね。

新築マイホームですから、最初からドアについてきているドアノブ(正確に言えば「ハンドル」というパーツ名かと思います)なのですが、形が気に入らないのです。もっとカクカクとした形のものが良かったと今更ながら結構後悔しているのですが、しかし「ドアノブだけ変えるって…」と躊躇しているところもあります。

けれども、玄関からリビングルームへと通じるドアの「ドアノブ」が気に入っていないのですよね。「玄関からリビングルームへと通じるドア」ってなかなか重要なものでしょう。この家に入る人は必ず見る部分ですし。ですからこだわってもいいのかも知れないとは思っています。

しかし無印良品のお店にて、ドアノブのみ販売していましたので、ドアノブのみ自分の好みのものに交換してもらうということもできるのかも知れませんね。とても小さい部分ですが、しかし結構ひっかかっていますので、早々とドアノブ交換というリフォームを行うかも知れません。

注文住宅でマイホームを建てても、驚くところに落とし穴はあるということで。しかしまあもっと言えば、「ドアを選んでいる段階で、もっとドアノブに注目しておけば良かった」という後悔の念はありますけれど。

PR|工務店向け集客ノウハウ|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|お小遣いNET|英語上達の秘訣|家計見直しクラブ|初値予想|ショッピングカート|JALカード|クレジットカードの即日発行じゃけん|SEOアクセスアップ相互リンク集|サプリメント|内職 アルバイト|童話|アフィリエイト相互リンク|オーディオ|